FC2ブログ
2007-04-23 10:05 | カテゴリ:フラワーエッセンス
フラワーエッセンスとは、

・1930年代初めに、イギリスの医師、エドワード・バッチ氏によって開発された。

・花の持つ、微細なエネルギーを、水に転写し、それを保存剤としてブランデーで割りボトルに詰めたもの。

・エネルギーの転写なので、希薄しても効能は変わらない。

・肉体よりも、エネルギー体(オーラ)に作用する。

・現在では、イギリスはもとより、北アメリカ、オーストラリアなどで研究・開発されている。

・エッセンスというので、アロマと混同しがちだが、アロマよりは、ホメオパシーに近い。

・大雑把にアロマとの違いを表すなら、下記の通り。
アロマ・・・・・・・肉体を通して作用。飲用不可。
フラワーエッセンス・オーラ(エーテル体等)を通して作用。主に飲用。

・無味無臭(微妙にブランデーを感じる)


お手数ですが、下記を2箇所をクリック頂ければ、大変嬉しく、ブログ更新の励みになります。(ブログランキングに登録しています。)
宜しくお願い申し上げます。

英語学習 ランキング

<英語学習法満載、blog>


スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://2525english.blog35.fc2.com/tb.php/277-88a52496