FC2ブログ
<本来の目的と思われることと違う部分が必要だった>

こういうことって、多々あるのかも。

英語サークルで感じるのは、
最初、英語力UPのため。英語勉強モチベUPのため、と「英語のため」のサークル発足。
でも、
2年たち、その間、メンバーの入れ替わり(というか、一元さんも多く)、などあった。
今のメンバーに定着し、
私とタイプの似ている、Tさん、その逆の性格の、Yさん。
このお二人の存在は、多くに意味で勉強になる。
実は、
Yさん、、、、何となく(私の受ける)感じが、20年前、私が「苦手」だった年下の同期の女の子に似ている。
「苦手」というのは・・・
彼女があまりに素晴らしすぎたから。
で、
私は自己嫌悪道まっしぐら(涙。)
正直、逃げました。
彼女から学べる部分を放棄し、「何さ!」みたいな。。。
んで、
ここで、Yさんの登場。
20年で私も少しは成長し、Yさんの良さを素直に受け入れ、感謝し、自己を改める、と言う気持ちを持つことができています。


この、
<本来の目的と違うところ>
これは、
先日、記事にした読まない本にも当てはまるかも。
というのは、
本はその内容から知識を身につける、と言うのが本来の目的。
でも、
その本を購入すること、手元に置くこと、「有る」と言うことが、役に立っている?!
例えば、
少しレベルの高い本を手元に置き、それに近づくべく努力する。
私の場合、かなり高いレベル、で、努力はしていない&さっぱり近づくどころか遠のいている、と落ち込んでますが。
「持っている」ことで落ち着く。
などなど。
上手く言えないけど。


と、
自分の未読本への言い訳してます。(笑)


究極を言えば、
本来の目的も何も、目的そのものは、
<その時欲しいと思った>
そして、
<その気持ちを満たした>
これで完結してるのでしょうね。





下記ランキングに登録しています。
クリックして頂くと、記事更新の励みになります。宜しくお願いします♪
(このランキングで一位になることと、私が準1に合格すること、どちらが「実現可能」?)




英語学習 ランキング

スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://2525english.blog35.fc2.com/tb.php/730-a6515b6b