FC2ブログ
2011-10-24 13:25 | カテゴリ:NHKビジネス英会話
実践ビジネス英語 10月号 L13(2) P14より

タイトルは、 Doing more with less

人手を減らして経営の効率化を図ることについて語り合っているレッスンです。


Businesses are reaping positive benefits from efficiencies they achieved in the dowturn.
The recession has forced companies to reexamine everything they were doing and come u with new business models.

上記の文が好き♪
英語が、というより、内容が。
淡々と音読していて、上記の部分を読みながら、

全ての事には、光と影というか、俗に言う、良い面・悪い面があるんだよね、とつくづく感じるからです。
往々にして、
「悪い」ととられる不況ですが、その不況を乗り越えて生き残った企業は、多大なるギフトを得る。
不況は、企業に、今まで行っていた事の再検討や新しい方針開発を余儀なくする。
こうして考えると、
不況って、ある意味、<師>ですよね。
企業がグレードアップするための。

よく、


試練とそれを乗り越える力は、同時にやってくる



と言いますが、
その事を思い出しました。




下記ランキングに登録しています。
クリックして頂くと、記事更新の励みになります。宜しくお願いします♪
(このランキングで一位になることと、私が準1に合格すること、どちらが「実現可能」?)




英語学習 ランキング

スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://2525english.blog35.fc2.com/tb.php/786-5ec7c8d9