FC2ブログ
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-01-27 12:02 | カテゴリ:多読、洋書
凄いぞ、オーディオぶっく♪ ハリーポッターのオーディオブックを持っていた(正確には、多読仲間にMDに録音させてもらった)、ことを思い出し、探し出したMD.
。。。。。
2巻の「秘密の部屋」でした。(涙)
でも、
聞いてみて、大発見が有りました♪

それは、you-know-who について。
ヴォルテモードの名前を口に出すのが怖くて、つけたフレーズ「名前のない人(??)」あっ、うる覚えですみません。
この感覚がどうも分からなかったのです。
以前、
ラジオ英会話で、john do 、とは、日本語では「名無しのごんべ」さん、みたいな感覚、と講師の遠山先生はおっしゃって、
???????、名前がないなら、ハリポタのも、you-know-who でなく、john do、でいいじゃん?????
と、はてなマーク炸裂でしたけど、
この
dhon do、、、、何の事は無い、アメリカドラマで頻出!、「身元不明死体」。もろ、john do。

で、
先の、you-know-who の感覚、これ、秘密の部屋(#2)の1章を聞いていて、わかりました♪

ダドリー家の太めの息子が、ハリーが呪文を使った時に、ママに叫ぶ言葉に、
you-know-what、と出てきます。

それで、
ハッとし、腑に落ちました、感覚が。


口にする事がはばかれるもの・人に対しての表現だと。

ヴォルテモードは人なので、who、
呪文はモノなので、what、
2つの例を記されて、その場の雰囲気(その人の感覚)をも知り、その使い方、が分かりました♪
うん♪
こういう理解の仕方って、楽しいし、すっごく嬉しい!!!お宝発見!!のような喜びが有りますっ。






下記ランキングに登録しています。
クリックして頂くと、記事更新の励みになります。宜しくお願いします♪




英語学習 ランキング





このブログホームへ。(特定記事を検索してこられた方に)

http://2525english.blog35.fc2.com/



スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://2525english.blog35.fc2.com/tb.php/893-210b5155
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。